沿革

1916年(大正5年) 日本蓄電池製造㈱が設立。蓄電池の製造、販売開始​​
1917年 (大正6年)​​​ ㈱神戸電機製作所が設立​
1961年 (昭和36年)​​ ㈱日立製作所が資本参加し、日立グループに
1962年 (昭和37年)​​ 日本蓄電池製造㈱が埼玉県岡部町(現深谷市)に埼玉工場建設
1967年 (昭和42年) 日本蓄電池製造㈱が東京工場の生産を埼玉工場に全面移管​​​​​
1969年 (昭和44年) 日本蓄電池製造㈱ 、神戸電機㈱が合併し新神戸電機㈱となる​​​​
1972年 (昭和47年)​​ 新神戸電機㈱が東京・大阪両証券取引所市場第一部に昇格​​​
1982年 (昭和57年) 三重県名張市に名張工場を建設​​
2012年 (平成24年) 日立化成工業㈱(現、昭和電工マテリアルズ㈱)の完全子会社へ​
2015年 (平成27年) CSB Battery Co., Ltd.の連結子会社化​​
2016年 (平成28年) 日立化成㈱(現、昭和電工マテリアルズ㈱)に吸収合併​
2017年 (平成29年) Thai Storage Battery Public Company Limited(現 Thai Energy Storage Technology Public Company Limited)の連結子会社化​
2020年 (令和2年) 昭和電工㈱が日立化成㈱を連結子会社化
それにともない社名を昭和電工マテリアルズ㈱に変更​
2021年 (令和3年) 昭和電工マテリアルズ㈱の蓄電デバイス関連事業を分割し、​エナジーウィズ株式会社が継承​